【経営者必読】法人会の会員になるメリットとは

おっす!オラたかし。と、フランクな感じで、ご挨拶。

起業したての経営者さんからよく聞かれますが、法人の会っていろんな会がありますけど、実際どうなんですかねえ。。といったご質問があるんですよね。

やはり、経営者の立場になると他の経営者さんからのお誘いがあるのもまた事実で、結構億劫だったり。実のところどうなのか、法人会に入るメリットはあるのかな?ということについて書いてみたいと思います。

法人会の会員になるメリットは?

法人会のメリットとしては、顔が広くなりますね。決裁権を持つ方々と直接お話しをすることができるので、何かお仕事をご一緒する際は、話が早かったりします。

いろんな会によっても趣旨が全く異なり、経営意識の改革を行っていく会など、お互いに仕事の取引先を求めて集まる会などなど、様々にあります。

既に経営基盤が出来上がっている企業さんなどは、ちょっと聞いたことあるような有名どころの法人会に入っていたりしますね。

まだ設立したての会社さん、売上を伸ばしていきたい会社さんなどはお互いに取引先を見つけるために、そういった法人会に集まることが多いように思います。

ではどういった人達が集まるのかと言えば、地元の中小企業さんなどが多いですかね。なのでひょんな事が切っ掛けでお仕事や困ったことがあればお願いできる環境を作れますし口利きしやすいので、お互いに仲良くなりお得意様として扱ってくれるといったメリットは十分にありますね。

色んな経験をしている経営者さんがいるので、苦労話やどうやってここまで会社を育てていったかという、哲学から学びまでヒントを得れます。そういう点はおもしろいかとおもいます。

逆にどんなデメリットがあるの?

既存のお客さんとの取引が確立されている会社さんや、あまり横の繋がりを必要としていない会社さんは、法人会に所属するメリットはないかもしれませんね。

所属する法人会によっては会費が安いところと高いところがあるので、そこらへんも加味したいところですよね。

年会費が高ければいい訳ではありませんが、金額に応じてそれなりの企業さんが集まっているように思えます。

まとめ

仕事目的に入るなら、仕事目的の法人会に入るメリットはありますし、社会貢献や会社の名前を広げていきたいということであれば、そういった奉仕目的が強い法人会に入るメリットはあります。

迷っちゃうくらいなら入ってしまいましょう。合わなければ、やめてしまえばいいだけの話です。経営者の方々とあーでもない、こーでもないと仕事の話をするのもまた楽しいかと思います。

検討するのもわたしは全然アリなんじゃないかな?とおもいます。私自身人付き合いがそんなにできるタイプではありませんが、これもまた一つの仕事だと思って顔を出したりしていますね。

実際に顔を出していくことによって、そこでお仕事に繋がり結果として数社とのお付き合いがあったりします。気心がしれている中でお取引するほうが、新規にお付き合いする会社さんより何かと融通が利いたり、お互いに仕事がやりやすかったりしますね。