個人事業から法人成りの目安とタイミング

どうも、たかしです。

うーん、個人事業主をやっているんですけど法人成りのタイミングが分からなくて困ったー!って思うことってありますよね。個人事業でやっていると。

個人事業でも税理士さんにお願いしていれば、売り上げがもう既に毎月見込めている状態であれば、そろそろ法人として登記したほうがいいですよ。とアドバイスはされます。

またその返事も税理士さんによって異なるので、そのボーダーラインはどこらへんなのかって話です。財務のプロではありませんが、体感としてこれぐらいはないと経営していけないというのが今回のお話です。

財務のプロが執筆した記事がネットに沢山あるので社会保険や、細かな控除や税率についてはそちらを参照してみてください。

法人成りの目安とタイミング

まず年間利益500~600万がおおよその法人成り、会社組織として登記するタイミングといえます。

というのも500万を越えたあたりから、個人事業主の方が税率が高くなってきます。累進課税なので、売上げをあげれば上げるほど、課税されるので既に売上げを見込めているようであれば、経費にできる幅も広がる法人の方が税金を安く抑えるメリットはあるかと思います。

また課税売上げが1000万を超えるようであれば、こちらも法人にするタイミングですかね。

おわりに

ぱぱーっと書いてみましたが、ざっとこんな感じですね。法人成りするタイミングは2択となります。

最初から法人にするのも一つですが、ランニングコストが必ず発生するので、ビジネスが小さいうちは個人事業で進めることをオススメします。

何も決まっていないのに最初から勢いで会社を作ってしまうと苦労が絶えないのでオススメしません。

小さいことからコツコツと、しっかりビジネスを育てていけばやがて大きな大流となるでしょう。