会社を辞めたい人に贈る言葉 ~自分を正当化しよう。あなたは悪くない~

こんにちは!まさおです!

私は18歳から社会に出ましたが、28歳現在まで5社以上転職しています(;^ω^)

まあ、会社をやめる理由なんていろいろありますわな。

この記事では、私が今までを会社をやめる決意する際に背中を押してもらった言葉を紹介したいと思います!

会社をやめたい理由

 

・人間関係

・給料、福利厚生、待遇

・労働環境(いわゆるブラック企業)

・仕事の適正

・やりがいを感じない

・将来性(会社、職種、業界、個人としても)を考えて

・身体的理由、生活環境等の理由からやむを得ず

・ステップアップ、キャリアアップのため

 

⇧この辺が大まかな理由でしょうかね。

 

一昔前は「石の上にも三年」とか言ってましたけど、

三年も石の上にいられるメンタルを持っている人ってなかなかの強者(つわもの)ですよね(笑)

 

一度何かの原因で「やめたい」と思ってしまった人は、

なんとかその場を切り抜けたとしても、

少し時間が経てばまた同じ原因で「やめたい」と思うでしょう。

もちろん継続することで、見えてくるものもありますけどね(;^ω^)

 

会社をやめたくてもやめれない理由

 

よく友人とかに「会社やめたいんだよね~」と相談すると、

『ならすぐにやめちまえばいいじゃん!』って言ってくるやついません?!(;´Д`)

それができないから悩んでるのにね~(笑)

なかなか、やめる決意ができないのは、

 

・給料が今より下がる 生活ができなくなる

・会社まで遠くなる、通いにくくなる (子供の学区等)も含む

・世間体を気にして

・今の会社、お世話になった方を裏切ることになる

・また一からスタート、下っ端スタートが面倒くさい

・新しい環境に馴染めるのか不安

 

こんなところでしょうかね。

 

会社をやめたい人の背中を押す言葉

 

会社をやめるかどうかは、最終的には自分自身で決断しなくてはなりません!

そんなときは自分を正当化して考えた方が気持ちが楽になるはずです。

会社をやめる決断は正しいんだ!

自分の人生においてプラスになるんだ!

そう思えるような、考えるきっかけになる言葉を送りたいと思います。

あなたの人生あなたが主役

 

これはね、クサイ言葉でもなんでもなくて、ホントにその通りなんですよ。

誰の為でもなく、あなたの人生です。

我慢をして、抱え込んで、精神的病んでしまったり、

身体を壊してしまったりしては元も子もありません。

家族やらなんやら、自分ひとりの都合では決められないんだ!という人もいるでしょうけど、

大変そうなあなたを見て、ご家族の方は絶対にあなたの心配をしていますよ?

そんなに頑張らなくて良いよ。そう言ってくれるはずです。

もっと自分に優しくしてあげても良いんじゃないですか?!(*´ω`)

 

週5日は仕事。その仕事が苦痛なら人生の半分以上が苦痛な時間ってこと

 

これは友人に相談を受けた際によく言ってる言葉ですね。

定年以降はずっとフリーなんで、上記の言葉の限りではないんですが。

普通のサラリーマン、OLさんって基本週休二日ですよね?

月~金まで苦痛で、金曜日の夜が何よりも待ち遠しくて、嬉しくて。

だけど土曜日の夕方ぐらいには「ああーもう休みが一日終わる」ってなって、

日曜日は、起きた瞬間からまた明日から一週間が始まるというプレッシャーに押しつぶされ、

気も休まらず、月曜日を迎えるという、最悪なローテーション。

これ共感してくれる人多いんじゃないですかね~(笑)

わかるでしょ?この気持ち?!

私も経験者なんでね。この何とも言えない魔のローテーション(笑)

そんな気持ちになってまで、自分を追い込んでまで、やりたい仕事なんですか?

自分の胸に手を当てて、問いかけてみてください。

 

まとめ

 

やめたい理由によって響く言葉、かけてほしい言葉は異なると思いますが、

総じて言えることは、

やめたい理由とやめれない理由を天秤にかけてみてどちらの方が重いのかを計る

ということです!

どちらがあなたにとって優先すべき選択でしょうか?

人生は小さな選択の連続です。

あなたが今の状況で下した決断に間違いはありません。

1年後、5年後、10年後に後悔したって、

今の自分の状況、環境、考え方、器の大きさ、性格、とは違うわけですから。

そもそも同じ土俵じゃないので、後悔なんてしようがないですよ!

すぱっと会社をやめて新しいスタートを切りましょう!!!